癒すこと手放すこと

こんにちは。

前回の変化から今回は、これからの時代にとって重要な癒しと手放すことについて記載しようかなと思います。

 

例えば辛い体験の後、小さな傷の場合は自然と治癒していきますが、その体験の大きさ、自分の心のギャップや振り幅によって、深い傷がなかなか消えない場合もあります。その傷が癒えないまま、トラウマとなってずっと引きずっている方も多いのではないでしょうか。。

そうした場合はその体験に関連される、場所、食べ物、匂い、景色、何気ないフレーズを見たり聞くだけで、その時の辛かった感情が蘇ってきます。ある意味それによって自分の心が傷がどこまで癒えて浄化できているかを知る量りにもなるのですが、その時、湧いてくる感情に、フォーカスしすぎないようにする事が大事かなと私は思います。まず冷静になって大丈夫、大丈夫と心を落ち着かせ、まだ傷が癒えてないんだと自覚し、自分を客観的に捉え、意識を違う方へ意図的に持っていく事を心がけてみると、大分違うと思います。間違えてほしくないのは現実逃避ではなく、あくまで地に足がついた状態を保つことが重要です。

これにつてはグラウディングという方法がありますので、是非お試しあれ。この方のは私のオリジナルなやり方に似てました。→グラウディング

私は全く無知な状態からただただメッセージをもらってきたので、グラウディングなんて言葉すら全く知らずに最近知りました。(笑)他にもグラウディングについて沢山ブログや記事がありますので、色々調べてみて下さいね。

 

という事で、悲しい方へ心を寄せるのではなく自分が楽しく、癒される方へ心を持っていくように心がける事が大切です。

テレビやニュースなど痛ましい映像が連日流れます。目に入る情報はより心に衝撃を与えますので受動ストレスがかかるものは避けて、癒しの音楽や美味しい料理、自然のある場所へ出かけるなど、とにかく自分を癒しリラックス安心させてあげる事が一番の治療だと感じます。それでも世の中の情勢は気になりますし、ある程度は知っておいた方が良いと思いますので、ニュースは記事だけ読むとかだけだと、衝撃もあまり加わる事はないと思います。

 

ついつい湧いてくる感情にフォーカスして、悲しみ苦しみに浸ってしまう事がありますが、そうすると同じような状況を繰り返したり、思考の現実化によって引き寄せてしまいます。

これからは悲しい苦しい生き方は必要ないので、古いやり方を手放して、新しいやり方を取り入れていくと良いと思います。

高次の世界はポジティブです。愛、調和、許し、楽観的、安心。そうしたものしかありませんから5次元の地球には全く要らない感情となってきます。

 

手放す事については目に見える物や事柄、更に自分の心の中にあるネガティブを手放す必要がありますが、大体心を整えれば物質や暮らしにもリンクしてくるのでまずは心が一番かなと思います。

 

いじけた自分、可愛そうな自分、すぐに怒ってしまう自分、周囲が妬ましく思ってしまう自分…沢山のいや〜な自分がいます。人には嘘をつけても自分には嘘は付けません。そうした感情が湧いたときは、そんな自分を受け入れ、認めてあげる。そしてどうしてこの感情が湧くかを自分で深く考える事も大切です。すると客観的に自分を見る事ができるのでこれこれこういう訳でこういう感情が出てきたのだと理性的に判断できます。

するとならば、こうすればいいのだと答えが見えてきます。そしてこの感情はもういらない。気づかせてくれてありがとうと、心の中で宣言してしまうのも良いと思います。

断捨離と一緒で、心もいるものいらないものと分けていくといいです。基準はその感情が自分にとって心穏やかで平和で幸せな感情なのか、豊かで癒される感情なのか。

 

また再び同じような感情が出てきたならあぁまた出てきたなくらいで、もう私には必要ないよありがとうと、その度思うようにすると、自然とその感情も出てこなくなります。そうやて一つ一つあらゆる状況で生まれるネガティブな感情を手放していくとどんどん心は軽くなります。

 

沢山のネガティブな感情は今までの前世から続く地球の法則でしょわされた重りや足かせやのようなものなので、身体は重い状態で常にストレスがかかっています。肉体の中にいるので体にも影響を及ぼしますから体調も悪くなります。

これを一つ一つ外してあげる、つまり手放してあげると、身体は随分と軽くなって、無くなった分の余白にどんどん愛情や感動、感謝、豊かさ安心等ポジティブな心が入ってきます。

 

すると本当の自分がもっと崇高で光り輝く素晴らしい存在なんだと気づく時が来ます。よくよく見れば自分の背中に翼がある事に気づき、本当はもっと自由に羽ばたける素晴らしい存在なのだと自分自身で気づくのです。正に泥に咲く蓮の花のような自分に気づくのです。

 

すぐ疲れて寝込んでみたり、やる気がしなかったり、体調を崩しやすかったり、暴飲暴食等がある方は、これらを手放す時を知らせてくれています。アセンションの時にも似た症状が起きますが、その時のケースはまた別の機会に。

 

本当の幸福の状態にいると、想像しているよりも遥かに幸せは持続し、心は随分と軽く、体調も良好、頭も冴えてきます。まず感情的になることがありません。

自分の本当の幸せに気づいているので他人を妬んだり羨ましく思う事もなく、周囲の価値観に囚われずに過ごせるようになります。

どんどんポジティブなループに乗って、いい出会い、事、状況を無理せず簡単に引き寄せる事が出来ます。

当然上がったり下がったり波はありますが、それも次第に一定になってきます。

 

更に瞑想の効果は絶大なのでお勧めではありますが、急にはちょっとと思われる方は、自分がリラックスし安心する時間を

10分でも20分でもいいので作るといいです。音楽や飲み物、いい周波数のものに囲まれると尚良いと思います。

脳を休めるのが目的なので、スマホやSNS、ゲームなど依存しやすいものはNGです。

 

瞑想は心にとって、お風呂に入って一日の疲れを癒し、汚れを洗い流す、そんなものなので、とてもお勧めです。

ヨガもいいかもしれませんし、先ほどのグラウディングもある種瞑想のような気もしますのでいいかなと思います。

 

色々なやり方があるので、自分にあったものをチョイスするのがお勧めですが、私は元々瞑想にはあまり興味がなく、決められたやり方だと、ちゃんとできてるかに意識がいってしまって強制されている気分なるのと、面倒臭い気持ちでしたが、ある時、リラックスすることが瞑想に繋がるのかなという感覚を得て、格好などカタチにあまり拘らずに気分のいい時や、逆に疲れた時に目をつむっているだけでも瞑想になるなぁと思いました。

 

重要なのは型ではなく心を安心させてリラックスさせるのが目的なので、それによって宇宙と繋がれるならば、瞑想と同じだなぁと。。忙しい時間の時は、ほっと一息ついて目をつむってみたり、はたまた身体が疲れている時や、病気の時なんかは、寝ながらでも構わないのだと思います。

 

自分がリラックスできる状態が一番良い状態なので、天界とのパイプが繋がれて、メッセージを受け取り易く、濁った心をデトックス出来ます。メッセージはテレパシーなのでアイディア閃き等でちゃんと届きます。

勿論時間がちゃんとある状態のときはきちんとした姿勢で瞑想することがベストですが、それは瞑想というものに慣れてきてからで良いかなと個人的に思います。

これはあくまで私の見解です。それはちょっと…思う方はきちんとした瞑想法を試してみて下さいね。

 

参考になるかわかりませんが私の場合は、瞑想といっても瞑想なのかわからないオリジナルなやり方で来てしまいました。

最初はちょっとした感謝の時間だけで、ちょっとずつ祈りやお願い事などもしてみたりして、瞑想はまだ数年です。

もともと感謝の時間から始まったので、まずは「ありがとう」を唱えるところから始めました。

私にとってありがとうは綺麗な水のようなもので、それを唱えていると心が洗われていきます。ありがとうは感謝の言葉でもあるので、高波動のエネルギーを持っています。自分の波動が下がっている時、自然と波動を上げてくれる魔法の言葉のようにも感じます。本当にそう思っていなかったとしてもありがとうを唱えたり、口にしていると自然と有難い気持ちになります。

 

私は毎日、お世話になった人や思い浮かぶ人、食事、お家や宝石たちなど全てにありがとうを言っっています。最初は家族やご先祖様位でしたが、色々体験するとあらゆるものに対して感謝せずにいられなくなり、自然と湧いてきてかなり増えてきてしまっています。すると次第にそうした人たちが幸せであるように祈るようになって、更に今は地球に住むみんながもっと幸せならいいなとお祈りしています。ありとあらゆるものが感謝に繋がっていい心持ちでいられます。

 

重要なのは自分がスッキリいい気持ちで一日を終われるか。こうした時間を持つのはもう十数年経ちますので、やはり瞑想が一番お勧めです。私は今は朝と夜2回になりました。朝は時間がないのでお祈りだけですが、一日に一回でもいいので、皆様も自分にあった瞑想やリラックス方法で、どんどん心を癒し、どんどんと古い自分を手放してみてはいかがでしょうか。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

心より愛と感謝を込めて…🌱

 

公式HP、ジュエリーブログはこちら→Spiritual Aqua jewerly and Art 愛芽

 

JUGEMテーマ:癒し・宇宙・スピリチュアル

JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL